iPadOS 15 まとめ

マーケティング

こんにちは。

 

先日のWWDC 2021 にて、次期iPad向けOSの「iPadOS 15」が発表されました。

一般ユーザー向けの提供は「今秋」のようです。

 

Image:Apple

 

今回はこのiPadOS15について解説します。

 

 

iOS15の解説記事はこちらから
https://www.yamaumiblog.com/about-ios15/

 

利用可能機種

 

iPadOS15にアップグレード可能な機種は以下の通りです。

 

・無印iPad 第5世代以降
・iPad mini 第4世代以降
・iPad Air 第2世代以降
・iPad Pro 全機種

 

iPadOS14と同じようです。

 

先日発売されたiPad Pro2021年版には、M1チップが搭載されています。
それに合わせてか、iPadOS 15の機能強化も積極的になっています。

 

iPadOS 15の機能

 

さてここからは実際に強化される機能、追加される機能について紹介します。

 

ウィジェット機能の強化

 

iPadOSの新機能紹介はウィジェットからでした。

 

Image:Apple

ホーム画面に色々なウィジェットをカスタマイズができます。
ゲームウィジェットや写真ウィジェットなど。

 

 

Image:Apple

ウィジェットが増えると、使われないアプリは後ろの方に行ってしまいます。
でも安心。Appライブラリが使えるようになりました。

また、Dock画面からAppライブラリにアクセスできるので、どこにいようとすぐにライブラリを表示させることができます。

 

マルチタスク機能の強化

 

マルチタスク機能が供され、ユーザーの生産性が上がります。

 

Image:Apple

「Split View」で画面を2つのアプリに分割ができます。

これはもうすでに実装済みですね。

この Split View にボタン1つでアクセスできるようになるとのこと。

 

 

Image:Apple

また、例えばメールとメモアプリを開いている時に、メールの詳細を開くと、詳細が中央に配置されます。
3画面的な感じですね。

 

クイックメモ

 

メモアプリが強化されました。

 

Image:Apple

「クイックメモ」を画面右下から表示し、いつでも手早くメモを取ることができます。

 

 

Image:Apple

Safariでブラウズしている時も使うことができます。

考えをササっとまとめたり、リンクを貼っておいて、後から簡単にアクセスすることができます。

 

 

Image:Apple

ブラウズを再開しても、取ったメモに戻ることも可能です。

クイックメモはmacOSでも使用可能となります。

 

翻訳アプリの強化

 

続いて「翻訳アプリ」の強化についてです。

 

Image:Apple

1年で、iOSで「翻訳アプリ」から翻訳をした回数は数10億回になるそうです。

 

 

Image:Apple

「Auto Translation(自動翻訳)」機能が加わり、マイクのボタンをタップしなくても、自然に会話をすることが可能になります。
日本語も対応します。

 

 

Image:Apple

iPad上のどこでも翻訳が可能になるようです。
また、「Live Text(テキストの認識表示)」機能と組み合わせて、写真のかのテキストも翻訳してくれます。

 

Swift Playgrounds

 

iPad用のコードが学べる「Swift Playgrounds」。
iPadアプリを開発して、Appleにそのまま提出できたります。

 

Image:Apple

コードはライブビューに即座に表示され、Macの「Xcode」内でも編集できるようです。

 

まとめ

 

如何でしたか?
気になる機能はありましたか?

 

個人的には、翻訳アプリの強化と、クイックメモの実用性が高そうだと感じます。

iOS15と歩調を合わせた機能強化や、iPadならではの機能強化など、色々ありますね。

 

今回はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました