watchOS 8 まとめ

マーケティング

こんにちは。

 

先日のWWDC2021にて、「wathOS 8」が発表されました。

 

今年は「Apple Watch Series 7」が発売になるだろうと思われます。
それに合わせてか、watchOS8も新しくなりますね。

Image:Apple

 

新しいワークアウト、マインドフルネスへの新しいアプローチ、つながりを意識した機能など、精神的にも肉体的にも健康でいられるような仕組みが出来上がる気がします。

 

今回はそんなwatchOS 8について知っておくべきことをまとめます。

 

watchOS 8 サポート端末

 

watchOS 8 が使える端末は以下の通りです。

 

・Apple Watch Series 6
・Apple Watch SE
・Apple Watch Series 5
・Apple Watch Series 4
・Apple Watch Series 3

 

Watch OS 7 の時と同じですね。

Series 3 が使えるのは、嬉しいユーザーが多そうですが、容量が8GBと少ない3が、果たして実際はどこまでついてこれるでしょうか?

 

Series 3 ユーザーの方、喜ぶのはまだ早いかもしれません。

 

新機能紹介

 

ここからは実際に新機能を紹介していきます。

 

リフレクト機能

 

マインドフルネスアプリに「リフレクト」機能が追加されます。

 

Image:Apple

いつでもどこでも1分間でマインドフルな集中を行うことができるとしています。

 

「最近で落ち着きを感じた時間を思い出してください。その感覚をこの瞬間に感じてみてください」

とか聞いてくるようです。

そうすることで内省を促し、精神的に安定できるとか。

 

睡眠時の呼吸数

 

現在 Apple Watch では、睡眠時間、心拍数、血中酸素ウェルネスなどを測定することができます。

 

Image:Apple

これに、睡眠時の1分間あたり呼吸数を測定してくれる機能が加わります。

 

より詳しい健康状態の測定をすることができ、iPhoneのヘルスケアアプリの中で共有されます。

 

fitnessについて

 

身体的健康とマインドフルな動きの両方に役立つ、2つの新しいワークアウトが加わります。太極拳とピラティスです。

 

Image:Apple

太極拳は古来より中国に伝わる武術、ピラティスはマットを使ったエクササイズです。

 

Fitness+ にはArtist Spotlights 機能が追加されます。

Apple Music ベースの、ワークアウトプレイリストと言ったところでしょうか。

 

新しい文字盤

 

文字盤には「ポートレート文字盤」機能が追加されます。

 

Image:Apple

iPhoneで撮影されたポートレート写真を表示してくれます。
また、写真の中の顔を認識し、トリミングもしてくれます。

 

腕時計にポートレート写真が表示されるって、なんだかおしゃれ。

 

メッセージ機能が強化

 

メッセージに新しいツールが追加され、Apple Watch でのコミュニケーションが取りやすくなります。

 

Image:Apple

スクリブル、音声入力、絵文字を組み合わせたメッセージを使用できます。音声入力後にテキストも編集できるようです。便利ですね。

 

また、GIFの選択もできるようになるみたいです。

腕時計でここまでコミュニケーションがとれるって… 他者とのとつながってる感をとても感じそうです。

 

まとめ

 

「健康」の面に、よりフォーカスされた機能が目立っています。

運動やマインドフルネスにより、心身共に豊かな生活を送るために、Apple Watch は日常に欠かせない存在になるでしょう。

メッセージが送りやすくもなっています。

人とのつながりを認識しやすくなり、これが精神的な健康にもつながるのではないでしょうか?

 

watchOS 8 の搭載端末は、最高の端末になりそうです。

今回はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました