耳読書できるおすすめ本5選

ライフTips

耳読書・・・聞き慣れない言葉ですか?

耳読書といえばつまりオーディオブック。

オーディオブックといえばAmazon Audibleが有名です。
通勤中や家事の時間にながら聞きで試してみは?

1ヶ月間無料で試すことができ、好きな本1冊のプレゼント付きです。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

今回はAmazon Audibleで聴くことができるおすすめの本を5つ紹介します。
ビジネス・自己啓発系に絞っていますので、興味がある方はぜひ!

目次

  1. 『人を操る禁断の文章術』
  2. 『Think clearly』
  3. 『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』
  4. 『FACTFULNESS』
  5. 『シン・ニホン』

『人を操る禁断の文章術』

なんだか物騒な本をいきなり紹介します。
タイトルが怖いですよね(笑)

内容的には全然物騒ではありません。

タイトルの通り、文章術についての本です。

ビジネスマンとして印象に残るメールの打ち方・・・といったことも紹介されています。
がしかし、これからブログやnoteを書き始める方が読むべき1冊だと僕は思います。

僕はこの本のコンセプトは「人を行動に導くための文章術について」だと思っています。

皆さんはなぜブログを始めたいのでしょう?

・おすすめの商品を紹介したい
・自分の経験を活かしたTipsを広めたい

これらが理由でブログを始める方が多いのではないでしょうか?

そんな時はこの本の出番です。

「行動に導くための本」…まずは読んでみては?

『Think clearly』

Tnink clearly・・・「クリア」という言葉に反して、実に52章から成っている自己啓発書です。多いですが、いやなるほど・・・クリアに物事を考えることができるようになります。

この本、「最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法」という副題がついています。人々の身近にある問題を解決してくれる思考法を授けてくれます。

1つ紹介します。

「5秒ルール」

何か誘いを受けた時、5秒間以上悩んだら”NO”と答えるルールを自分に設けることです。

「今度のパーティ来てよ!」

こんな誘い、もし5秒以上悩んだら”NO”と言ってしまいましょう。

相手は意外と気にしないですし、もし誘いを受けて行ってみても、相手にされないこともあるかもしれません。

そもそも、5秒以上も悩んだら自分はそんな誘いや依頼には惹かれていないんですね。

・・・ここで挙げたことは1例です。
こんな思考法が52個紹介されているので、一度読んでみて、試せるものは試していきましょう!

『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』

若い方から年配の方まで、やりたいことが見つからない方はたくさんいると思います。

そん方にはこの本がおすすめ。

この本、やりたいことの見つけ方をロジカルに説明してくれます。

1例を紹介します。

「デザインが得意! 広告代理店に入りたい!」

そう思っていざ代理店に就職できたかと思えば、配属先は営業部署。

さあここでどう思うか?

「なんか違う」・・・この人はデザインが得意だったんです。
営業として数字を管理する、これがやりたかったわけではありません。
全然興味がないことでした。

それに、デザインが「得意」なだけであって、「好き」なことだったのでしょうか?
それも分かりません。

さてどうすれば良いのか??

価値観・情熱・得意なこと、3つのことを軸にしてそれぞれをまず考えてみましょう。そして深堀りしていきましょう。

自ずとやりたいことが見えてくるはず。

『FACTFULNESS』

突然ですが下の問題に答えてみてください。

いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいるでしょう?

①20%
②50%
③80%

・・・
如何ですか?
考えてみましたか?
①20%を選びましたか?


答えは・・・80%です。

どうですか?
意外に思われる方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず。
この問題に正解する人は4人に1人しかいないみたいですから…

どうしてこんな問題を突然出したのか?
『FACTFULNESS』という本を読んでみると気持ちがわかってくれるはず。


この本、世界中で売れに売れ100万部超えの大ベストセラーにまでなっています。あのビル・ゲイツやオバマ元大統領など、各界の著名人が絶賛している本として有名です。

世界の貧困や環境問題などについて、現在の事実を知らない人が多く…
本の序盤で12の質問を出してきます。
上の質問はそのうちの1つです。

どの問題も正解率が低く、常識が20年前で止まっている人、世界を正しく見ることができていない人が多いと分かる内容になっています。

本編では人間の本能や思い込みを10個取りあげ、序盤の問題たちを絡ませながら、「データを基に世界を正しく見る習慣」を鍛えてくれる内容になっています。

一度読んでみると、自分がいかに今まで勝手な思い込みで世界を見ていたかが分かるはず。

おすすめです。

『シン・ニホン』

最後の本です。

今の日本についてどう思いますか?

・景気が悪い
・生産的ではない
・若者が生きづらい

挙げていけばキリがないネガティブなことがたくさんだと思います。

さあこの日本がもう一度立ち上がれるのか??

→A. 立ち上がれます

『シン・ニホン』はその考え方、方法について解説してくれています。

著者である安宅さんの「日本をなんとかしたい!」という熱意が伝わってきて、聴き終わった後には感動しているかもですね。

1つ挙げておきます。

「これからを背負っていく若者に投資すること」

続きはAudibleで!

Amazon Audibleを1ヶ月無料で試す↓

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました