資産運用 始め方~運用方法まで

ライフTips

楽天証券で積み立てNISAを始める

資産運用を始めるなら、まずは楽天証券で口座開設をしましょう。
そして積み立てNISAを始めて、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を購入し続ける。これだけです。

・・・本当にこれだけでOKなんです。
何も難しいことはする必要はありません。結論がもう出てしまっています。

ただ、説明が足りないと思いますので、
・なぜ楽天証券なのか?
・なぜ積み立てNISAなのか?
・なぜ「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」なのか?
理由を書いていきます。

なぜ楽天証券で口座開設をするのか?

理由は3つあります。

①ネット証券で手数料が低いから

楽天証券は店舗を持たないネット証券会社です。
そのため、人件費などのコストを抑えられ、金融商品を購入する際の手数料が低いです。ありがたい。
たくさんの証券会社がありますが、ネット証券会社で口座を開設しましょう。
投資初心者の方でも、絶対にネット証券がいいと思います。
手数料が低いことはもちろん、余計な金融商品を勧められることも無く、安心して資産運用ができます。

②ポイント投資ができるから

楽天証券では、楽天ポイントを利用して投資信託が可能です。
楽天市場などを利用していれば、楽天ポイントが貯まりますよね。
それを楽天証券で利用できるんです。

投資初心者にとっては、

「いきなりお金を使うのはちょっと・・・」
「投資ってなんとなく恐いな・・・」

という方がいるかもしれません。
そんな方にはありがたい仕組みですよね。

まずはポイント投資を経験してみて、慣れてきたらお金を使い始める… 素晴らしい仕組みだと思います。

③楽天市場でのポイント取得率UP

楽天ポイントを使用して、毎月投資信託を購入していると、楽天市場で恩恵を得ることができます。

楽天証券サイトより


「R SPU!」というプログラムで対象となるため、楽天市場での買い物時に、ポイントが + 1 倍となります。

この「R SPU!」には他のいろいろな楽天サービスが対象となっており、私も大変お世話になっています。

(ちなみに私の通常買い物時は、
ポイント+ 6.5 倍です。)

以上3点が理由です。
楽天のヘビーユーザーであればあるほど、楽天証券での口座開設がお勧めです。

なぜ積み立てNISAなのか?

積み立てNISAを簡単に説明すると、

・投資信託である
・年間最高40万円まで、20年間運用できる
・利益に対して税金がかからない

こんなところでしょうか。
上記3点がそのまま積み立てNISAを選ぶ理由でもあります。

投資信託にもいろいろな種類の商品がありますが、ファンドマネージャーに運用を任せられるので、基本的にはお金だけ渡して、あとはほったらかしでOKです。
デイトレードのように、画面の前に張り付き状態にはならなくて良いので、自分の時間が取れますね。

さらに、
年間40万円までと上限額が決まっていますが、毎月コツコツと運用できる点も良いと思います。

そして何より、
「利益に対して税金がかからない」
素晴らしい。
普通、株式投資であれ投資信託であれ、儲かったら納税をする必要があります。
しかし、積み立てNISAで投資信託をしていれば、儲かっても納税の必要がありません。
下に例を載せてみます・・・

年間40万円 × 20年 = 800万円

この元金800万円が運用されて、20年後には2倍の1600万円になっていると仮定しましょう。
普通は利益に対して約20%の税金が発生します。

そのため…

800万円 × 20% = 【必要納税額 160万円】

如何ですか???

数十年先の利益なんて、もちろんどうなっているか分かりませんが、
コツコツと運用していれば、投資信託では、理論上は2倍ほどになる試算ができます。
(商品にもよりますし、保証はありません)

しかし、160万円が税金としてさよならしてしまう…

積み立てNISAならそんな心配はいりません!
利益に対して税金がかからないため、上記の例でいけば、計1,600万円がそのまま手元に来ます。

積み立てNISAの素晴らしい点ですね。

なぜ「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」なのか?

最後に、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を選ぶべき理由を解説します。

投資信託にもいろいろな商品があります。
その中でも「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」お勧めします。

理由は2つです。

①運用コストが低い

投資信託は購入時手数料などのほか、保有しているだけで手数料が取られます。それが「運用管理費用」といいます。
インデックスファンドでもアクティブファンドでも、管理費用は取られますが、インデックスファンドの特徴として、管理費が低いことが挙げられます。
「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は、年0.212%程の管理費用しか発生しません。(ちなみに、購入時手数料もはっせいしません)

アクティブファンドでは、年1%を超える管理費の商品が多く、インデックスファンドの良さが出ていますね。

②世界中の株式に分散投資が可能

その名の通り、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」では、世界中の株式に投資をすることになります。日本だけでもアメリカだけでもなく、世界中の企業の株式に分散投資をすることになり、リスクが大変抑えられます。
世界的に見れば、景気というものは着実に上がってきており、数十年後は今現在よりも発達した世界になっていると思われます。

注意

世界中の株式に分散投資をしていても、最近の「コロナショック」のように、世界中で不景気になることもあります。
そうすると積み立てた金額が下降し、元本割れを起こすことも考えられます。デイトレードなどに比べれば、明らかにリスクが低いことが特徴ですが、積み立てNISA(投資信託)には元本保証はされていないので、充分注意しましょう。

まとめ

資産運用を始めるなら、以下の手順でやってみましょう。

①楽天証券で口座開設
②積み立てNISAを設定する
③「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を継続して購入していく

如何ですか?

難しいことは何もないので、リスクを頭に入れながら運用していきましょう!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました