ラジオデビューは今のうちに

マーケティング

音声メディアが流行ってきています。

podcastやvoicyで配信を聞いている方、多くなってきていますね。

しかし聞く側ではなく、話す側はどうでしょうか?

配信者の数はまだまだ多くはないのが現状です。

・・・

今のうちに話す側になってみませんか?

なぜかって?

音声配信者の収益化の波が来ているからです。

・・・

先日、こんな記事を見つけました。

Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100% | TechCrunch Japan
Spotifyは米国時間4月27日、2021年2月に開催された同社のイベント「Stream On」で新しいサブスクリプションプラットフォームを発表したのに続き、ポッドキャストの有料サブスクリプションの提供を正式に開始した。

要約すると…

ーーー

◆Spotifyが有料ポッドキャストを開始。

◆アメリカで先駆けて開始し、今後数ヶ月のうちに海外展開を予定。

◆「Anchor」という、Spotify傘下のポッドキャスト作成ツールを通じて、
クリエイターは有料コンテンツを設定可能。

◆今後2年間は、クリエイターは収益を100%獲得できる。
以降はクリエイターから5%の課金を導入予定。

◆Appleも有料ポッドキャストのプログラムを開始している。
しかし、大きな違いがクリエイターからの課金に見られる。

〈Apple〉
初年
→30%徴収
2年目以降
→15%徴収

〈Spotify〉
初年〜2年目まで
→無し
2023年春以降
→5%徴収

ーーー

こんな感じです。

日本のプラットフォームである「voicy」も、
先駆けて有料課金のサービスを始めていますね。
プレミアム機能と呼ばれています。

SpotifyやAppleがpodcastで有料配信を始めるとなると、
いよいよ音声メディアの波が大きくなっていきそうです。

この波に乗るか否か…

どうしますか?

乗るのであれば、Anchorというツールを使うのがおすすめです。

上でも少し触れていますが、
Spotifyの傘下に入っている音声配信のプラットフォームです。

ぼくの記事でも紹介しているので、
詳しくはそちらからチェックしてみてください。


今回はここまでにします。

ばいば〜い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました