【3点解説】Twitterのサブスク「Twitter Blue」

SNSトレンド

Twitterがサブスクである「Twitter Blue」をリリースをしました。

Introducing Twitter Blue - Twitter’s first-ever subscription offering
Introducing Twitter Blue - Twitter’s first-ever subscription offering.

まずはカナダとオーストラリアで始まっています。

日本ではいつ実装されるでしょうか?

残念ながら現在はまだ未定です。

しかし、いずれ日本にもやってくるサブスクであるはず!

今回はそんな「Twitter Blue」についてまとめたので、3点で解説します。

Twitter Blueとは?


そもそも「Twitter Blue」とは、Twitterが提供する有料サブスクのことです。

今までTwitterはすべての機能が無料で使用できていました。

今後も無料でTwitterを利用することはできます。

加えて、「Twitter Blue」に登録することによって、今まで無かった機能も使えるようになります。

2021年6月3日より、オーストラリアとカナダで先行して「Twitter Blue」がリリースされました。

それぞれ月額で下記の費用が発生します。

・オーストラリア:4.49豪ドル/月

・カナダ:3.49加ドル/月

アメリカでは2.99ドルになると言われています。

日本では350円前後になる見通しです。

日本でのリリース日はまだ決まっていません。

待ち遠しい!

どんな機能がある?


「Twitter Blue」の機能について、判明しているものを簡単に紹介していきます。

■Undo Tweets(ツイートの取り消し)

送信したツイートを30秒以内に取り消すことができる機能です。

誤字脱字などを見つけることができます。

■Bookmark Folders(ブックマークフォルダ)

保存したツイートを分類できる機能です。

後でお気に入りのツイートが見つけやすくなりますね!

■Reader Mode(リーダーモード)

ツイートのスレッドを読みやすくしてくれる機能です。

スレッドをすべてまとめて読むことができます。

■Color Theme(カラーテーマ)

Twitterアプリでカラーオプションを選択できる機能です。

デスクトップ版ではすでに利用可能ですね。

■Dedicated Support(専用サポート)

専用のカスタマーサポートを受けることができる機能です。

「Twitter Blue」の非登録者とはどう違ってくるのか、詳細は判明していません。

以上になります。

なにか興味を惹かれる機能はありましたか?

登録するメリットは?


まず分かっているメリットは、そのお手軽な金額です。

月額350円前後ですからね。

前述した専用機能の中で、興味を惹かれるものがあれば、登録してみるのが良いですね。

自信で「Twitter Blue」の機能を試していく中で、他のメリット見つけることができるかどうか。

・・・

現在ぼく個人としては、「Bookmark Folders」機能が気になっています。

すでに「リスト」機能で、投稿者を分類して情報を得るようにしています。

ブックマーク機能による保存したツイートの分類と、上手くリンクしてくれるのではないかと考えています。

実際に使ってみてのお楽しみですね。

まとめ


今回のまとめです。

「Twitter Blue」について、その概要と機能、メリットについてお伝えしました。

日本でのリリース日はまだ未定ですが、近いうちにリリースされるはず。(2021年中に来ておくれ…!)

今まで無料で利用していたTwitterに、有料の機能が含まれることによって、どういった効果が生まれるでしょうか?

ぼくはリリース日に登録してみます。

自身の手と目によって効果を確かめます!

今回はこのへんで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました